学LIVE!
市進なぜなぜ?
VOL.29
Q.チョコレート・ココアの研究が
日本をはじめ世界中で進んでいるのは、なぜ?

A.チョコレート・ココアに含まれるカカオポリフェノールの持つ抗酸化作用が、ヒトの健康、特に生活習慣病などに対してどれほど影響を及ぼすかについて、短期の介入研究(臨床試験)が世界中で行われ、2000年以後おびただしい数の研究発表・報告がされました。

カカオポリフェノールの抗酸化作用には、心臓病のリスク低減・動脈硬化の抑制作用や肥満(脂肪蓄積を抑える効果)などの生活習慣病予防、脳機能の改善などが研究成果として報告されています。抗菌、ストレス抑制、冷え症改善、便性改善などにも様々な効果があるとされ、現在も研究は進められています。

とじる
Q.ココアが医療や介護の現場で活用されているのは、なぜ?

A.高齢化社会が進む中で、ココアを病院や介護現場で使った報告が学会や論文でなされています。「床ずれ」、「主に銅などのミネラル不足」、「食事の風味改善」、「排便コントロール」など、高齢者が抱える課題を解決する目的で、病院や介護現場ではココアが活用されています。

とじる
Q.チョコレートをついつい食べ過ぎてしまうのは、なぜ?

A.チョコレートの香りやテオブロミンは、脳に刺激を与え満足感、幸福感、リラックス感を与えてくれると言われています。

ただ、一般的に嗜好品には「依存性」があります。人は砂糖や油脂を多く含む食品に常用癖を示す傾向がありますが、チョコレートは砂糖も油脂もどちらも含んでいますし、適度に摂れば健康にいいものが、過剰になると、逆に病気の原因になりかねません。

食事のバランスの偏りやカロリーオーバーに陥り肥満などにつながることもあるため、食べ過ぎには注意しましょう。

とじる
Q.ココアの方がチョコレートよりカロリーが低いことが多いのは、なぜ?

A.チョコレートやココアのカロリーは、含まれる脂肪、砂糖、乳成分の量などによって決まります。一般的に、脂肪を多く含むチョコレートの方がカロリーは高くなります。100g当たりのカロリーは、チョコレート550~600 kcalに対してココアパウダー(純ココア)は約360 kcalといわれています(※)。

(※)製品やメーカーによって100g当たりのカロリーは異なりますので、気になる方は栄養成分表示で確認してみましょう。

とじる
なぜなぜ一覧に戻る
受験の小技 高校生虎の巻
市進DE自信! ひゃくてんし
高校生カレンダー 教えて!市進さん
5分で自分探し 市進なぜなぜ?
自分流!大学選び ひゃくてんしコレクション
市進予備校ナビゲート
どんなコースがあるの? 近くに教室はあるの?
市進を体験したい! 生徒の声を聞きたい!
ぴったりのコースを探したい! 合格実績を知りたい!
分かるまで何度も復習したい! 個別指導をしてもらいたい!
市進教育グループ

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから