学LIVE!
学LIVE! 赤本攻略ガイド
学LIVE! 赤本攻略ガイド

試験別の留意点(国公立大個別試験)

【2】国公立大個別試験

国公立大個別試験の過去問演習は受験の可能性のある大学の中でもランクが下位のものからスタートします。個別試験の問題は各大学ともに科目ごとに難易度や傾向に特徴がありますので最初にとりかかる問題についてはチューターやカンフェリーに相談しましょう。自らの志望校以外の過去問についても問題集として積極的に演習することもおすすめです。自らの志望校の傾向に似ている問題だけを抜粋して演習することも非常に有効です。

演習量

大学ごとに10年分以上の演習量が一般的です。赤本の難関校過去問シリーズ(例:「東京大学の英語 27カ年」など)についてはすべての問題に触れる生徒が大半ですが問題量が多いので計画的に実践しましょう。国公立大個別試験の過去問演習は防衛大学校・防衛医科大学校の入試終了後、11月頃から開始し年明けも継続して演習をします。すべての科目を一律にというわけではなく、仕上がった科目・得意な科目からどんどんスタートしてかまいません。

目標得点率

目標とする個別試験の得点率は共通テストの結果や出願大学によって変わってきますが一般的には 60%前後となります。個別試験は記述・論述問題をはじめ、小論文、面接、各種書類など自らの判断では採点しにくいものが大半ですので、詳細は講師、チューター、カンフェリーに相談しましょう。

試験別の留意点

試験別の留意点(私立大学個別試験)

【3】私立大個別試験

共通テスト対策(センター試験の過去問演習)が一段落したら、いよいよ私立大個別試験の過去問演習に入ります。実際の受験では『挑戦校』から『実力相応校』、『安全校』まで幅広く受験することになります。早い時期に第一志望である『挑戦校』の過去問演習からはじめても解答できませんので、まずは難易度の低めの大学から、『安全校』→『実力相応校』→『挑戦校』の順に過去問演習を行いましょう。『安全校』は自らの第一志望よりも2~3ランク下(偏差値で言うと第一志望からマイナス7~10くらい)が目安になります。また入試問題は大学、学部学科、科目ごとに傾向や難易度が異なるため、どの大学から演習をはじめたらいいかわからない場合はチューター、カンフェリーなど市進スタッフに相談しましょう。

演習量

赤本には2~3年分(大学により5~6年分)の過去問が掲載されています。最新版の赤本を購入した際はまずは掲載されているすべての年度については演習するようにしましょう。さらに以前の過去問が入手できた場合は5~6年分を目安にさらに演習をしてもかまいません。過去問演習を通し見つかった弱点や課題を克服する時間を考慮し過去問演習は年内で終了させます。入試本番の前日までダラダラと過去問演習をやるのは意味のあることではありませんので計画的な演習を心がけましょう。

目標得点率

私立大個別試験の採点は前述した通り得点率を求めるようにします。各ランクの大学ともに70%以上の得点率を目標にしましょう。70%以上得点できるようになったら上位の大学の過去問演習にランクアップをします。仕上がりに応じてランクアップできる科目はどんどん演習を進め、できない科目は 70%以上の得点率をとれるまで徹底的に演習を重ねましょう。本番の個別試験では大学、学部学科、方式により変わりますが総じて70~75%以上の得点率で合格は可能です。決して満点近い点数をとらなくても合格はできますので、時間配分や解答順序など70~75%以上をとるための具体的な戦略が必要になります。

試験別の留意点

その他の注意点(傾向と対策、倍率など)

冒頭でも触れましたが演習を通じて各大学の『傾向と対策』を確認しましょう。『赤本』の巻頭には各大学の傾向と対策がまとめられています。大学ごとに具体的な戦略を練ることはもちろん、学習の効率化をはかるためにも傾向と対策についてはし っかりと把握しておきましょう。また巻頭には合格最低点や倍率などの入試データがまとめられています。これらの数値は年度によって大きく変化することもありますので参考程度に確認しましょう。合格最低点については『素点と標準化得点』、倍率については『隔年現象』など、数値を確認する際には注意が必要となりますので、不明な点はチューター、カンフェリーなど市進スタッフに相談しましょう。

受験の小技 高校生虎の巻
市進DE自信! ひゃくてんし
高校生カレンダー 教えて!市進さん
5分で自分探し 市進なぜなぜ?
自分流!大学選び ひゃくてんしコレクション
市進予備校ナビゲート
どんなコースがあるの? 近くに教室はあるの?
市進を体験したい! 生徒の声を聞きたい!
ぴったりのコースを探したい! 合格実績を知りたい!
分かるまで何度も復習したい! 個別指導をしてもらいたい!
市進教育グループ

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから