学LIVE!
学LIVE! 赤本攻略ガイド
学LIVE! 赤本攻略ガイド

試験別の留意点(共通テスト)

【1】共通テスト(センター試験)

過去問演習のスタートは共通テスト対策(センター試験の過去問)です。共通テストの出題範囲は教科書の内容に限定され良問も多く、基本事項のチェックには最適です。国公立大志望者のみならず私大志望者についてもまずは共通テスト対策としてセンター試験の過去問演習を行い知識の整理・確認をしましょう。なお、2021年1月より共通テストがスタートしました。問題の難易度や傾向は従来のセンター試験とは大きく異なりますので特に国公立大志望者は「共通テストパック」や「予想問題集」を用いてしっかりと対策をしましょう。

演習量

センター試験の過去問演習については、国公立大志望者は 10 年分以上、私大受験者は 3~5 年分以上を目標に演習しましょう。演習量をこなし時間配分や解答手順などがある程度明確になっていれば、その後の演習は科目・単元・分野を一律に演習する必要はありません。例えば、国語であれば、本番では『現代文×2・古文・漢文を 80 分で解答』しますが、過去問演習では『古文のみを 20 分で解答』のように演習してもかまいませんし、苦手な科目に絞って量をこなすという演習法でも問題ありません。

共通テスト(センター試験)

目標得点率

センター試験過去問演習での目標得点率は志望大学や学習現状によって変わってきます。例年、センター試験本番では 各大学のAライン(合格可能性80%)得点率を目標としますが、夏の過去問演習では各大学のBライン(合格可能性65%)得点率以上を目標に演習しましょう。もちろん共通テストに変更になるにあたって本番での得点率の具体的な数値は例年と変わることが予想されます。詳しくはチューター、カンフェリーなど市進スタッフに相談しましょう。下表の得点率はあくまで一つのデータにすぎません。年度や学部学科によって数値は変わりますので目安の一つと考えてください。

目標得点率

※2019年度(センター)前期試験のデータ

※学部学科により数値は異なる

受験の小技 高校生虎の巻
市進DE自信! ひゃくてんし
高校生カレンダー 教えて!市進さん
5分で自分探し 市進なぜなぜ?
自分流!大学選び ひゃくてんしコレクション
市進予備校ナビゲート
どんなコースがあるの? 近くに教室はあるの?
市進を体験したい! 生徒の声を聞きたい!
ぴったりのコースを探したい! 合格実績を知りたい!
分かるまで何度も復習したい! 個別指導をしてもらいたい!
市進教育グループ

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから